ペット撮影カメラマンの犬写真&フリーペーパー「犬の写真集」

dog2photo.exblog.jp

カメラマンで写真が変わる事知ってます?撮影のこだわり

ペット撮影会・愛犬撮影会についてのこだわりは





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


□犬へのこだわり□

○ライティングを使った撮影にストロボではなく、犬の目に優しい蛍光灯タイプを使用します
 
犬の目の光に対する感度は人の目の5-6倍といわれてます。
では、ストロボで撮影するという事はどういうことでしょうか?(知ってますか?犬の目のお話コチラ

○おやつ、おもちゃ、待て、ふせ・・・などの撮影だけではなく、イキイキな犬の表情も撮影します

○「落ち着きがないので、撮影会では無理かも?」大丈夫です。なんとかなります。

犬に無理をさせない撮影会を心がけています。撮影時間は30分以内

○犬といえどもそれぞれ、その犬にあわせての撮影を心がけます


□飼い主さんへのこだわり□



○カメラマンWaitsが必ず撮影します。
バイトのカメラマンが撮影したりしません

○撮影後は編集で1枚1枚の写真を明るさ・色合いを調整、傾き調整、要らない部分のトリミングしてお渡し。



□撮影会へのこだわり□

○シンプルでオシャレな背景での撮影会を開催。
○公園でイキイキな犬の撮影会を開催。
○飼い主さんと愛犬の温かな関係を撮影。
○日本全国ドッグカフェ、ペットショップなどこだわりを感じるお店で撮影会を開催
○東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、京都、兵庫、広島など、どんどん増殖中。



□機材へのこだわり□

○1秒に10コマ撮影可能なカメラで走る犬の写真を連写。
○f2.8の望遠レンズで背景をボカした写真撮影。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
by dog-2photo | 2014-02-07 20:48 | 愛犬撮影・撮影会